佐藤慎司のことば/文化教育を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 小テスト

<<   作成日時 : 2007/10/19 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の教える日本語のクラスではどのクラスでも毎回単語の小テストをしています。フォーマットは至って簡単。語彙リストの英語を私が黒板に書き,学生はブルーブックに日本語を書くというもの。もちろん,英語と日本語は一対一対応ではありませんが,まあ,あくまで目安ということでやっています。単語はサバイバルのレベルでは文法より大切です。でも,なかなかコツコツとは覚えられないもの,一回に10から15の単語を覚えるように指示しています。

そして,カタカナ嫌いにならないために,,,すこしでもカタカナを面白いと思ってもらうために,extra creditで,つまり,できたらおまけの点をあげるという問題を出しています。これも至って簡単。カタカナ語の中から英語のものだけを,という約束で,毎回,アイポッドとかスターバックス,ヤンキーズなどを出して英語を書いてもらいます。これが学生の中には病み付きになるくらい好きな学生がいて,小テストを楽しみにしている学生も多いようです。(例えばこのブログ)おもしろいことに,カタカナの正解率が高いのはもちろん日本に住んだことのある学生ですが,それ以外は傾向はないようです。それが楽しいようで,「できる」学生がぜんぜんだめで,あまり「できない」学生が正解ということもよくあります。

で,あるクラスで,小テストの単語テストについてどう思うか聞いてみました。でるわ,でるわ,学生の意見は結局自然に

1)カタカナ語は役に立つので続ける
2)昔習った単語の中からextra creditで一つ出す
3)キーセンテンスを英文和訳

とまとまっていきました。小テストは学生のためのもの,,,わたしはなければないで採点もないし,そっちの方が楽だと冗談で言ったのですが,みんな真剣に学びたいようで,いろいろ意見を言ってくれました。1ヶ月がたちクラスもまとまって来て,意見も言い合えるような環境になって来たこと,よかったなと思います。実はこのクラス,14人のバックグラウンドが本当にばらばらのクラスで最初はどうなることかと思ってまじめに心配したのですが,,そのことについてはまた次回!

あ〜,最近レストラン紹介とかお遊びのポストがないですね〜。仕事しすぎかな〜?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小テスト 佐藤慎司のことば/文化教育を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる