テーマ:国語

大村はま

大村はま先生の『教えることの復権』という本を読みました。彼女は国語教師として何十年も仕事をしてきた先生です。 感動したのは、私が最近痛感している2つのことをすでに私が生まれる前に中学校の国語教育で取り入れてらっしゃったということです。それは 1 辞書は人間の作ったもの、つまり、ある程度の指標にすぎない 2 教科書で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「国語教科書の思想」

早稲田大学の細川英雄先生のメルマガ、ルビュ「言語文化教育」でこの本のことを知り、本を読んでみた。私も常々日本語の教科書の道徳的なイデオロギーについていろいろ思うことがあったので、好感を持って読んだ。簡単に言ってしまえば、日本の国語教育の受け身的な、一つの解釈しか認めないような読解の教育を批判したものだ。ご本人が教科書編集などにも…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more