ファイブカレッジワークショップ『アセスメントの理論と実践:対話、協働、自己実現を育むアセスメント』

画像


週末アマーストカレッジで周辺5大学の日本語の先生を対象に熊谷さんと『アセスメントの理論と実践:対話、協働、自己実現を育むアセスメント』というワークショップを行ってきました。私の大尊敬するT先生にお誘いいただき、また、マサチューセッツ州立大学アマースト校は17年前にはじめてアメリカに来たときに勉強をした私の母校もありますので、喜んで行ってまいりました。

アセスメントのワークショップは3回目なのですが、今回は

1)私が最近ことばの教育のめざすもの、目的などについていろいろ考えている
2)日本語教室を担当講師がどう運営するかだけでなく、コース、プログラム、学校、地方自治体、コミュニティー、国、など社会文化的文脈に位置づける

という2つをさらに強調しつつ、

3)ほかのだれでもない私の日本語教室

ということ、つまり2)とのバランスについても強調したつもりです。

発表のパワポ、ご興味の方はここからダウンロードできます。

私のFacebookでもいろんな方とコメントのやり取りをしていますので、そちらもぜひご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック