佐藤慎司のことば/文化教育を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 南カリフォルニア大学でのワークショップ「アセスメントと日本語教育」

<<   作成日時 : 2011/05/17 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


土曜日は南カリフォルニア大学で「アセスメントと日本語教育」という演題でスミス大学のKさんとワークショップの午後の部分を担当しました。

基本的には去年編集した本のはじめとおわりの部分をまとめました。しかし、本を書いた時からまたいろいろ進化しているので、発表の前日にお茶をしながら3時間以上もかけ、アセスメント(評価)活動と活動、カリキュラム、ひいては学校、地域、国の教育方針はきっても切り離せない、そして、これからの日本語教育はいったい何を目標としたらいいのかなど、私たちの考えていることをまとめました。

そして、社会文化的アプローチに基づく評価(ピア、自己評価、過程の評価など)を取り入れた実践としてコロテレを報告しました。(コロテレは今回はじめてです〜!)最後にコロテレのURLなど宣伝したのですが、その日も興味を示して下さった先生が何人か、次の日にはもうさっそく見てくださったという奇特な先生まで....(思わず涙です〜

パワポ、ご希望の方お送りしますので、メールをいただければと思います。

土曜日の午前中の當作先生、片岡先生のお話はなるほどなあと思えるところがいくつかありました。

教師は自分が受けてきた教育でよかったものを学生にしてあげようとおもう傾向が強い

という部分は、私も普段そう感じていたので、思わずうんうんうなってしまいました。自分がよかったからといってそれが必ずしも他の人に言いわけではないでしょうし、そもそももう教育環境も方法なんかもずいぶん代わっていると思うんですよね....私の小中学校時代なんていったい何年前のことやら....

今回感動したのは南カリフォルニア大学の先生方のチームワークのよさです。学期末なのにみなさん元気で....ほんとうにありがとうございました

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南カリフォルニア大学でのワークショップ「アセスメントと日本語教育」 佐藤慎司のことば/文化教育を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる