佐藤慎司のことば/文化教育を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS ハワイ(1):学会編

<<   作成日時 : 2011/04/06 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


今年のアメリカ日本語教育学会はハワイでした。震災のあとから、日本語教育が教育の一分野として何ができるのかということをずっと考え続けていることもあって、さらに教育の部分に熱の入った発表になりました。

今回のパネルは『内容重視の批判的日本語教育(CCBI: Critical Content-Based Instruction):未来に視点を向けた日本語教育』というテーマで行いましたが、40名を超える多くの方々に来ていただきました。来てくださった方、本当にありがとうございました。

私の言いたかったのは、CBIの生まれた背景、教育理念などを考えると、単に内容と言語を統合すればいいというだけではなく、「自律的な学習者」、われわれと一緒に未来を創造する人間をどう育てていくか、ということまで考えなければならないというものです。

このCCBIということばは、私とスミス大学のKさんで考え、皆に了解を取ったのですが、ことば自体は半年ぐらい前に作ったものなのです。ですから、理論の発表の後に紹介した今回の実践は、将来的にCCBIのその可能性があるだろうと思われる初級の実践、チームティーチングの実践、そして、演劇の実践の3つでした。

パワポのファイルもありますので、ご興味のある方は私宛にメールをいただければお送りいたします

今回のパネルは(も?)最初から発表の前日の夜まで試行錯誤状態で発表の準備自体がいろんな意味で学びでした。そして、発表もこれからのことを考えると、過程の一部という感じです。(これからもこのテーマについてはいろいろ考えて行きたいと思っています。)

発表がおわったあとは、皆で食べ放題の韓国焼き肉やへ...これはメンバーのHさんのハワイ出身の学生さんが教えてくれたところで、大変お薦めです。肉がおいしいし、韓国の前菜なども!!!お店は

画像


Buffet Cameria
930 McCully St.
808-951-0511

打ち上げはほんとに楽しかったです。今回、このメンバーで一緒にできてよかったなと思いました。ビールが、おいしかった!ほんとにこの一瞬のためにがんばっているという感じです(笑)!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
男・日本語教師イチと申します。
コロンビア大学の授業見学に行かれた先生より、
ご紹介いただき、こちらにたどり着きました。
ブログ拝見させていただきました。
非常に興味深く、佐藤様がやってらっしゃる活動が
単純に「おもしろい!」と感じました。
U-Streamも拝見しました。

私は東京の日本語学校で4年ほど専任講師を経て、
現在、JICAの派遣で南米パラグアイで日系子弟たちに
日本語を教えています。地球の反対側で日本語が根強く残っていることにびっくりしました。
と同時に課題もあり、日々奮闘する毎日です。

日本では大変な地震があった状況で、
この立場で仕事をするのは心苦しいところもあるのですが、
立場をまっとうするしかありません。

本当はメールを直接お送りしたかったのですが、
メッセージは会員じゃないと送れないようなので、
こちらに書かせていただきました。

いろいろと勉強させていただければと思います。
よろしくお願いいたします。
初めまして。
2011/04/06 20:29
嬉しいコメント、ありがとうございました。

授業見学にいらした先生ってどなたでしょうか?こうやって繋がっていくのは本当に嬉しいことですね。

地震については、私も教育者として何かできないかと思っています。そんなこともあって、勤務校で震災ボランティアの顧問を始ました。そのことについてもまたブログで書ければと思っています。

あと、左のリンクのホームページの履歴書の欄に私のメールアドレスがあります。

それではどこかでお会いできる日を楽しみに!
しんじ
2011/04/06 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハワイ(1):学会編 佐藤慎司のことば/文化教育を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる