佐藤慎司のことば/文化教育を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマニア人

<<   作成日時 : 2007/09/28 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

わたしのクラスにルーマニア人の学生がいます。

今日のクラスは復習の日で,これまでに緊張して忘れると困るから自己紹介のスピーチをメモして書いておくという設定での作文課題がありました。今日はその作文を交換し合ってお互いにコメントし合い書き直し,それをwimbaという録音できるプログラムで自己紹介を録音をし,その後,ひらがなでタイプをするというものでした。ひらがなのタイプの仕方をすでに知っている学生からウェブサイトを見ながら四苦八苦してタイプしている学生までいろいろいました。

そのルーマニアからの学生が聞いてきました。(会話は英語です)

R(ルーマニア人くん):先生,Romaniaはカタカナでどう書きますか?

S(わたし):ルーマニアですよ。ル,―,マ,ニ,ア

R: えっ?ロじゃないんですか

S: ルですよ。

R: どうして,ロじゃないんですか?

S: えっ,慣習的には(conventionally)ロですけど。

R: ロはいやです。ルではだめですか?

S:ううん,

R:ロがいい。

S: 慣習的にはルですが,どうしてもって言うんなら,ロでもいいですよ。ローマニアでもみんな分かるでしょうしね。

R:ロがいいです。僕が慣習を変えていきます

S: がんばってくださいね。ルーマニア人で日本語を勉強している人にかえようって呼びかけてくださいね。いいアイディアかもしれない。

(ルーマニア人くんのブログはこちら

このやりとりはそのまま見過ごされてしまうような類いのものかも知れません。でも,その後,いろいろ考えさせられることがありました。そこでルを書くことを強制していったいどんなメリットがあったでしょうか?Romaniaをルーマニアと表記することには「ルーマニア人」の同意が会ったのでしょうか?昔,英語を習ったときに日本がJapanということを不思議に思ったことを思い出しました。そこまで強制する権限が「ネィティブスピーカー」の「教師」にあるのでしょうか?彼がハッピーになるローマニア人で何が行けないんでしょうか?

その後,活動が終わり,研究室でもう一度彼のブログを読んでみました。ローマニア人,,,何度か読んでいて,新たな発見,Romaniaはもしかして,ローマと関係があるのでは?だとしたら,ルーという表記よりもローという表記の方がその意味を伝えやすい,,うむむ,,,ちょっと調べてみたくなりました。

言語がなぜあるのかという事を考えたとき自分の伝えたいことが伝われば,慣習に拘束される必要はないと私は思います。文法的に正しくても全く伝わらない分,表現のいかに多いことか,,,政治家の発言はいい例ですよね,,今,高い評価を受けているホイットニーだとか,村上春樹でも初級外国語の先生が赤ペンを持ったら真っ赤になってしまうのでは,,,初級レベルだからといってフォームにこだわりすぎるのも問題だと思います,,,やりすぎると,表現するのを辞めてしまう,,,

ここで,茂呂雄二先生の『なぜ人は書くのか』の最後に汐見先生が書かれている障害児の子のエピソードを思い出しました。いろいろ考えさせられることの多いこのやえちゃんのエピソード多くの方に読んでいただきたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
このクラスでのやりとりは非常に考えさせられますね、、、。確かに、学生によく「どうして」という質問をされます。そして、その時、特に理由はないし、どう答えていいかわからず、「そうすることになってます」とか「なんででしょうね〜」とか、訳のわからない返事をぼそぼそしている自分がいます、、、。あくまでも「ロがいい!」と言い切ったルーマニア人の彼の今後に大きく期待します!
yuri
2007/09/28 12:30
確かに、こういった学生のストレートな疑問って、考えさせられますよね。と同時に、教師である我々でも、答えられないことが非常に多いです。
一度、学生に「virusは、どーしてバイラスではなく、ウイルスなんですか???」と聞かれたことがあって、答えにつまりました。無理やり、「昔の人にはそう聞こえたからでしょうかねぇ、、、」と言葉を濁しましたが、考えてみても適当な答えは見つかりません。
ま「ラムネ」が「レモネード」、「メリケン粉」が「アメリカ粉」から派生していると考えれば、多少の差異は我々にとってはどうでもいいんですけど、学生からすると理解できないことだらけですよね。
Kazz
2007/09/29 23:51
記事の内容とみなさんのコメントをとっても興味深く読ませていただきました。
ふむふむ、なるほど。
今度うちのクラスの学習者に、それぞれの国の言葉で「日本」を何と読んでいるか、その意味は何かを聞いてみたいと思います。
doi
2007/10/02 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローマニア人 佐藤慎司のことば/文化教育を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる