佐藤慎司のことば/文化教育を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 教科書分析

<<   作成日時 : 2007/06/29 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

日本人のコミュニケーションスタイルを教えること,習得させること,そしてその習得度合いを測ることについて,アメリカの日本語の教科書を分析し考える論文が『リテラシーズ』に採用になりました。論文はこちらから

この論文は,私の現在考えている問題を,有名な先生の書かれた教科書をクリティカルに見ることによって考えるものであるため,(論文自体は前に書いていたのですが)出版することを少しはばかっていました。しかし,いろいろな方から意見をいただき,日本語教育というコミュニティーに対する愛情表現(現状をなあなあにせず,クリティカルに見ていくことによってよりよい日本語教育を目指す)だと考え,思い切って出すことにしました。これは学問分野だけでなく,職場でも,学校でも,真の意味でお互いがお互いに研鑽するためにも必要なものだと思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クリティカルな視点から
ちょっと前のことですが、しんじさんが書かれた 「日本人のコミュニケーションスタイル」観とその教育の再考 というのを読ませていただきました。 その際に、自分にとって大切な気づきがあったので記録しておこうと思います。 ...続きを見る
It's SHOWTIME !!
2007/07/20 02:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
出版,おめっとうさんです。愛情があるからこそ,意見するんですよね。これからも愛たっぷりでビシバシと言語教育の世界に意見してってください。
yukki
URL
2007/06/30 17:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教科書分析 佐藤慎司のことば/文化教育を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる