佐藤慎司のことば/文化教育を考える

アクセスカウンタ

zoom RSS 読むというのはどういうこと?

<<   作成日時 : 2006/09/28 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年の始めにアマーストカレッジの多和先生の実践について原稿を書きました。それについてdoiさんからおもしろいコメントをいただきました。

読みという作業は本当に書く人と読む人の共同作業だなということを痛感させられます。。今も、書いて書いて書いていますが(笑)、書くという作業で読み手を意識するのは大切なことだと改めて感じさせられました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ホント、記事よりコメントのやりとりのほうが100倍楽しいです。おかげさまで、理解も深まりました。制約の中で不特定多数に向けて書かれたものって、どうしても限られた&偏った理解になってしまうんですよね。書かれたご本人と直接やりとりできる機会なんてめったにないので、すっごく興奮しました!ありがとうございました。
doi
URL
2006/09/29 02:11
いいえ、こちらこそ。doiさんの記事が学会誌にのるの、doiさんの本を読むの楽しみにしていますね。
しんじ
2006/09/29 12:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
読むというのはどういうこと? 佐藤慎司のことば/文化教育を考える/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる